男性不妊は肥満や喫煙?

男性不妊の原因は、約90%が精子を作り出す機能に問題がある「造精機能障害」であるといわれています。

 

精巣やホルモン分泌に異常があるため、障害が引き起こされます。

 

造精機能障害は状態によって3つに分類されます。精液中に精子が1つもない状態が「無精子症」、精子があっても数が少ない場合は「乏精子症」になります。

 

また、精子の数は正常であっても運動率が低い場合には「精子無力症」と診断されます。

 

残りの10%には、精索静脈瘤、閉塞性無精子症、先天性精管欠損、膿精液症、無精液症、逆行性射精、勃起不全(ED)、膣内射精障害、などがあります。

 

不妊というと、女性側に問題があるいうイメージを持つ人も多いでしょう。女性は生む側の性であり出産には年齢的なリミットもありますから、治療も積極的に行います。

 

でも、男性はそうではありません。だから、不妊=女性となりがちなのでしょう。ですが、約半数は男性が原因とされていますし、男性不妊は年々増えてきています。

 

日本では1990年以降、精子の数が大きく減っていると報告されています。海外でも精子の減少傾向は見られますが、はっきりとした原因は分かっていません。

 

環境ホルモンの影響ともいわれていますが、肥満率の増加や喫煙なども原因と推測されています。

男性不妊の原因と実態

 

どこで調べるの?

男性不妊は婦人科で調べられます。どの婦人科でも行っているわけではありませんから、事前に確認が必要となります。

 

精液中の精子の量や運動率も調べますが、精子は採取後できるだけ早く検査をする必要があるため、設備の整っていない施設では行えないのです。

 

不妊治療を行っているところでは、男性不妊の検査もできるところがほとんどです。

 

ただ、その病院やクリニックに、検査をする男性の妻が通院していないと検査ができないという場合も多くあります。精液検査の他にも、問診、血液検査、尿検査、超音波検査、なども必要に応じて行われます。

 

男性だけで検査を受けたいというのであれば、泌尿器科で精液検査が可能です。

 

泌尿器科は顕微鏡の設備が整っている場合が多いですが、全てのところで行えるかどうかはわかりませんから、やはり事前の確認が必要です。

 

不妊専門の病院や不妊外来に行ってもよいでしょう。婦人科は産科と併設されていることも多く、通院のたびに妊婦や赤ちゃんを見ることがストレスになるという人も多いようです。

 

男性不妊の原因と実態

不妊にはストレスも大きく影響します。また、不妊治療は長引くことも多いため、通いやすい立地にあるところを選ぶことも重要です。

 

また妊活のために女性だけでなく男性も葉酸を摂取する必要があるので、そのあたりのアドバイスもお医者さんに聞いてみると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る